通信制高校で学力をつける

自分がいいなと感じる所を選択するとよい

これは大きな意味があると考えていいでしょう。
分からないことがその場で解決することは、学びをしている人からすれば、これ以上のサービスはありません。
分からないことが学業にとっては最も辛いことで、これがあきらめにもつながっていくことになりますが、分かれば別に何も諦める事は無くなりますから、どんどんと学力を伸ばすことが出来るようになります。
これは集団で教育を受ける場合とは別次元の違いと考えていいでしょう。
個別教育の優れたところは、このリアルタイムで自分に合った講義を受けることが出来る事にあるといってもいいかもしれません。
通信制高校にもさまざまなシステムがあるので、自分がいいなと感じる所を選択することをしてもいいでしょう。
年間で20日程度の登校があるというようなところが一般的ですが、合宿的に5日程度でこれをするというところもあります。
高校卒業の認定は当然獲得することが出来るようになっていますし、大学に入る場合についても一般的なこうこうと比較として不利になる事はありません。
推薦入学という場合は別ですが一般入試の場合は試験結果が全てですからこれで不利になるような事は無いわけです。
推薦入学についてもこれから通信制高校が有利になる事も考えられますから、今後はこうした効率を考えたところの方が評価が高くなることが考えられます。

通学するよりも今は通信の方が実力をつけるには適している : 自分がいいなと感じる所を選択するとよい : 世の中は常に競争原理で出来ているという事を意識することが必要